将棋ウォーズブログ

駒達が躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね



上野裕和 五段 対 松尾歩 八段 NHK杯の棋譜

将棋棋譜名局100選





戦型は『角換わり』、そして『相腰掛け銀』模様だが・・・26手目、△6五桂が早い仕掛け。そして評価値グラフは・・・

67手目、▲3二馬あたりから、後手よし。それまでは意外に互角の戦いだったようだ。

26手目、△6五桂に対する将棋ソフトの応手が面白い。

次の一手は▲同銀が有力。
▲8八銀は、△3五歩 ▲同歩 △5七桂成 ▲同玉 △3六歩打 ▲4五桂 △3七歩成(評価値:-107)と進んでしまうのが先手にとってやや不満だろう。
候補手:▲同銀 △同歩 ▲5四桂打 △3一玉 ▲6二桂成 △同飛 ▲7三角打 △4七角打 ▲2五桂 △4四銀

この変化はオモシロそう。

人気記事

コメントを残す