豊川孝弘七段、人生で一度の気を失った体験談を明かす【将棋ニュースまとめ】

将棋ウォーズブログ

駒達が躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね



豊川孝弘七段、人生で一度の気を失った体験談を明かす

将棋ニュースまとめ

人生で一度、気を失った事があります。20年前の午前様、奨励会幹事になって直ぐの時に真部先輩から「お前は何で幹事をやっているんだ」と問われ答えられずにいると「将棋界の為と言う気持ちがなければ、今すぐ辞めちまえ!」返す言葉もなく手洗いの前でヒックリ返ってしまいました。一生忘れません‼︎— 豊川孝弘 (@JZPh4mEwSAU2rSi) 2018年8月7日

天災で対局延期となったアラフィフ親父、今の心境。『人生は一局の棋

続きを読む

関連記事

コメントは受け付けていません。