将棋ウォーズブログ

駒達が躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね



雁木は終わりました、NHK杯 増田康宏 四段 対 郷田真隆 九段(2017/10/30)

将棋棋譜名局100選

NHK杯 3回戦 第1局 増田康宏 四段 対 郷田真隆 九段の棋譜です。「ますだごうだ」って漫才師みたいやなぁ( ´,_ゝ`)クスクス

増田郷田:どうも~!

増田:ますだです。

郷田:ごうだです。

増田郷田:2人合わせてますだごうだです!

増田:いや~、しかし矢倉の時代も終わりましたね。

郷田:アホか!終わってへんわ!何言うとんねん!

増田:矢倉は桂が、使われへん!雁木なら桂使えるやん!

郷田:ほんなら、勝負じゃ!ボケ!

増田:ほな、やってみよか。

27手目、▲6九玉、先手はの雁木が完成。

32手目、△3一玉、後手は菊水矢倉の構え。

38手目、▲5六歩と先手から仕掛ける展開

94手目、△4二香打を見て、先手投了。雁木終わってたわ。

途中63手目あたりでの飛車交換から後手優勢になり始めた感じ。

今のところ深浦九段が一番雁木が上手いと思う。雁木を学ぶなら深浦九段の棋譜を学ぶべし。

人気記事

コメントを残す