将棋ウォーズブログ

駒達が躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね



糸谷哲郎 横歩取りの棋譜、糸谷哲郎八段 対 稲葉陽八段 朝日杯(2017/12/15)

将棋棋譜名局100選

第11回朝日杯将棋オープン戦二次予選の棋譜。先手が糸谷八段、後手が稲葉八段。糸谷八段の横歩取りといえば、丸山忠久をわずか39手で破った時の棋譜を思い出します。実は稲葉八段も横歩取りは得意なんですね。






47手目、▲1四歩。相横歩取りから、お互いに右側の端歩を突き合い、角交換した形はすでに先手のほうが攻撃準備が整っている感じ。対する後手陣は「中原囲い」に似た堅陣を築いている。端攻めは双方、想定内と思われる。

76手目、△2八角打で飛車を追いやった形は互角に見える。

79手目、▲3四桂打からの糸谷八段の攻撃が止まらない。

125手目、▲4二桂成を見て後手投了。後手の詰みは見えないが、先手陣も馬と飛車がよく効いていて、後手からの攻め手が見当たらない。

糸谷八段のドヤ顔が思い浮かぶ。たぶん『横歩取り』と『角換わり』では無敵なのでは?

人気記事

コメントを残す