将棋ウォーズブログ

駒達が躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね



力戦の棋譜、藤井聡太四段 対 深浦康市九段 叡王戦(2017/12/23)

将棋棋譜名局100選

第3期叡王戦 本戦の棋譜です。先手の藤井四段はどうやら力戦が得意なようです。居飛車党で粘り強く、終盤に強い棋風であることが解かってきました。

後手番の深浦九段は、今流行中の雁木を使わせたらNo.1。現役A級棋士で基本居飛車党だが、まれに振り飛車も指すオールラウンダー。どちらかといえば受け将棋。


11手目、▲7四飛、藤井四段はNHK杯戦で稲葉八段にこの横歩を取られて負けてましたね。

29手目、▲3六角打、こういうところで、馬を簡単に作らせない。藤井流です。飛車を簡単に成らせないとか馬を作らせないとか、力戦でも緻密に計算されてます。

71手目、▲3三角成、角が逃げても角頭を狙われます。角を切る一手。

92手目、△3一歩打、先手の歩を再利用して、歩3枚で堅陣を築きます。

119手目、▲6六角打、敗着手。時間に追われて打った手だが、悪手。評価値は一気に後手優勢に。

124手目、△7九飛打と王手をかけて、香車をゲット。

132手目、△5四香打で角を串刺し。

166手目、△5九角成を見て先手投了。

119手目が悪すぎた、深浦の角を切らせる銀打ち、守りの3歩打ち、深浦九段の持ち味が119手目の悪手を生み出した感じ。深浦九段が力戦に誘い込んで、藤井四段の持ち時間を先になくさせたのも大きい。

関連記事

コメントを残す