将棋ウォーズブログ

駒達が躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね



相振り飛車 西川流の序盤について

将棋ニュースまとめ

相振り飛車の西川流について、先日の橋本-豊島戦(2014.1.16)などを参考にしながら考えてみたいと思います。西川流とは、▲7六歩 △3四歩に、▲6六歩と角道を止めた形からスタートして、以下△3二飛(この局面は、データを見ると後手の勝率が高い。)に、先手が飛車を振る手を保留し、8筋を伸ばしていく指し方のことをいいます。公式戦では2012年9月に西川和四段が初めて指しました。初手からの指し手▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩

続きを読む

コメントは受け付けていません。