将棋ウォーズブログ

駒達が躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね



24名人戦 第13局、『力戦矢倉』

将棋ウォーズ戦記

相手は格上ですが、戦型次第では勝機もあります。というか12級程度なら、相手の凡ミスは多々あると思ってます。後手が私、『角換わり腰掛銀』にしたいところです。






5手目、▲7七銀、『矢倉』です。「角換わり腰掛銀」以外はすべて力戦です。『力戦矢倉』です。ただ飛車先を一手だけしかついていない状況で、相手の戦型が見えたのは大きい。後手冥利に尽きる。

25手目、△9五歩、9筋の位を取って端攻めが見えてきました。一歩欲しいところです。

32手目、△9六歩、一歩手に入ったところで、端歩を突いてみましたが、端歩は突く必要はなかったかも。桂を跳ねて、9七の歩を取ってしまえばよかった。

70手目、△9七歩打、と歩を垂らしたのは好手だと思うのですが・・・どうでしょう。将棋ソフトの指し手候補にはないですね。

74手目、△9六歩打、激辛流です。相手からの攻め手は無いと見ています。

84手目、△同飛で、後手投了です。

こんな端攻めどこで覚えたのか、分かりませんが、上手く決まりました。

関連記事

コメントを残す