将棋ウォーズブログ

駒達が躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね



詰将棋創作プログラミング 24 飛角図式のランダム生成

将棋ニュースまとめ

[2018年1月22日最終更新] 詰将棋創作プログラミング 24 飛角図式のランダム生成 飛角図式とは、盤上に玉と飛角4枚だけが配置されている詰将棋である(飛角の向きや成生は任意、持駒も任意)。飛角図式は見た目がシンプルなので、コンピュータが完全作を全検してしまうのではないかと20世紀の頃から心配されてきたが、実際に試算してみるとコスト的にほぼ無理なことがわかった(詰将棋創作プログラミング 10 陣内竜堂はいつ出現するか)。 「全検できないとしたら、その条件を満たす範囲でランダムに盤面、持駒を生成して完全作かどうかチェックすることが考えられる。」ということで、実戦型詰将棋のランダム生成を試行し…

続きを読む

関連記事

コメントは受け付けていません。