将棋ウォーズブログ

駒達が躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね



藤井聡太 四段 対 村田智弘 六段の棋譜 王座戦(2018/01/25)

将棋棋譜名局100選

第66期王座戦一次予選の棋譜です。藤井四段得意の『角換わり』の展開になりました。





22手目、△8四銀、先手が「腰掛け銀」模様。後手は「斜め棒銀」。

57手目、▲3五歩、「角換わり」にしては長い駒組が続き、ようやく先手が仕掛ける。この時すでに評価値:484と先手ややリード。このあとも細かいやり取りが続く。

105手目、▲3四桂、急所の桂跳ね。

108手目、後手はと金を2枚も作るが、先手玉からはかなり遠い。金取りになっているが、先手は逃げない。優勢を確信しているか、詰みまで読んでいるか。

133手目、▲2七玉で後手投了。

先手が、矢倉から右玉に方針転換したのが、結果的によかった。計算尽く?先手は相手の玉頭からダイレクトに攻撃した分早かった。

評価値グラフは

なんやかんや、手数はかかったが、結果的に藤井四段の圧勝だった。

人気記事

コメントを残す