将棋ウォーズブログ

駒達が躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね



「3月のライオン」に出てくくる登場人物には実在のモデルがいる説

将棋ウォーズ戦記

「3月のライオン」ていう将棋アニメをNHKでやってるんだけど見たことあるかい?登場人物のキャラ設定には、大体実在したもしくは現役のプロ棋士のエピソードが使われていると思う。というか製作者側も認めているところもある。

桐山零

「藤井聡太」がモデルと思いたいところだが、3月のライオンの連載時期からしてあり得ない。中学生でプロ棋士なったこと、ライバルの「二階堂晴信」のモデルが「村山聖」ということを考えると、モデルは「羽生善治」?

二階堂晴信

モデルは故「村山聖」。「村山聖」がお金持ちだったかどうかは分からないが、先天性の病にかかっていたこと、ぽっちゃりした体形から間違いないと思われる。
「三枚堂達也」が名前のモチーフっぽいが、「三枚堂達也」がプロ棋士になったのが2013年。3月のライオンは『ヤングアニマル』(白泉社)にて2007年第14号から連載されているので、多分違う。

宗谷冬司 名人

「羽生善治」がモデルかと思いきや、「羽生善治と谷川浩司を足して”2で割っていない”キャラクター」とおそらく監修を務めた先崎学八段が言っているので間違いない。

島田開

島田という名前、研究会の主催者であることから、「島朗九段」がモデルと思われる。「島朗」さんの研究会「島研」は伝説的研究会と呼ばれていて、島研のメンバーは全員が竜王位を獲得している。

三角龍雪

金髪なので、「橋本崇載」を連想させる。飄々とした感じとメガネからは「福崎文吾」。高身長という点から「田中寅彦」。いろいろな棋士のキャラが混じっている感じ。

辻井武史

駄洒落が好きという点が、「豊川孝弘 七段」のおやじギャグ好きと一致する。

隈倉健吾

キャラ的なモデルは見当たらないが、宗谷名人戦でのデザートの一気食いのエピソードは「加藤一二三」がモデルと思われる。

神宮寺崇徳

作中の日本将棋連盟会長、第十六世名人で、7期にわたって名人を務めたことから、「中原誠」(元プロ棋士)がモデルと思われる。ノリが軽い感じは故・「米長邦雄」っぽいところもある。

蜂谷すばる

早指し、ルックス、ネーミングに「谷」の文字、おそらく糸谷哲郎八段がモデル。糸谷さんはあんなにイライラしてないけどね。

山崎順慶

順慶という名前と、スキンヘッド。将棋とは全く関係ないがモデルは戦国大名『筒井順慶』しかいない。

3月のライオン?面白いよね。序盤、中盤、終盤、隙が無いと思うよ。だから俺は見るよ。えー、キャラクッ、キャラクターたちが躍動するこのアニメ皆さんに見せたいね。

人気記事

コメントを残す