将棋ウォーズブログ

駒達が躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね



藤井聡太 対 羽生善治の棋譜 朝日杯(2018/02/17)

将棋棋譜名局100選

朝日杯準決勝の棋譜。すでに藤井五段と羽生竜王は非公式戦で2回対局している。「獅子王戦」と「炎の七番勝負」。対戦成績は1勝1敗だ。

羽生竜王はオールラウンダー、藤井五段は居飛車党である。戦型予想は難しい。早指し戦とはいえ羽生竜王は国民栄誉賞を取ったばかり、注目が集まるし、手を抜けるわけがない。藤井五段はどんな将棋でも全力。この朝日杯で優勝できれば、藤井六段になれる。


相居飛車、後手が角道を止めたことで、『雁木』系の将棋になった。ゲストで来たひふみんが言っていたが、後手の陣形は加藤流らしい。

52手目、△7五歩を見て個人的には後手有利と思っていたが、将棋ソフトは先手有利でした。

80手目、△同金右でも△同金左でもどっちも後手にとっては厳しいようだ。

119手目、▲4七桂打で後手投了。

はっきり言って将棋ソフトの評価値が無いとどっちが優勢か分からないレベル。

先手玉の守りがスカスカだったので、先手はいつ投了するかと思っていたら、とんでもない!終始先手有利でした。

関連記事

コメントを残す