将棋ウォーズブログ

駒達が躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね



永瀬拓矢 七段 対 渡辺明 棋王 棋王戦第2局(2018/02/24)

将棋棋譜名局100選

2018年棋王戦第2局の棋譜です。





戦型は『角換わり』で始まった。

先手はシンプルに棒銀!後手の腰掛け銀から銀を引いた手は固い玉形が好きな渡辺棋王らしい。

40手目の△6五歩は狙いが分からないが、将棋ソフトの候補手にはある。

59手目、▲9八玉は最も薄い受け方。後手がいいように見える。

65手目の ▲2四歩は苦し紛れに見えるが・・・ここから後手の怒涛の反撃が始まる。

123手目、▲5二香打で後手投了。

評価値グラフは・・・

65手目の ▲2四歩からの猛攻で先手良しとなったようだ・・・苦し紛れの仕掛けに見えたんだけど・・・後手の受けも少し重かったのかもしれません。

人気記事

コメントを残す