将棋ウォーズブログ

駒達が躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね



豊島将之 八段 対 稲葉陽 八段の棋譜 NHK杯(2018/03/04)

将棋棋譜名局100選

NHK杯の準決勝です。何より解説の斎藤慎太郎七段がカッコよかったです。





先手の豊島八段が『左美濃』、後手の稲葉八段は『雁木』の戦型。

最近の将棋は仕掛けが早い。23手目で、先手が早繰り銀から仕掛ける。

66手目、△5四歩が受けの好手で、『大駒は引き付けて受けよ』の格言どうりの一手。

評価値グラフを見ると・・・

83手目、▲6六銀打と飛車を取りに行ったあたりから後手が優勢になっていったようだ。

人気記事

コメントを残す