将棋ウォーズブログ

駒達が躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね



久保利明 王将 対 豊島将之 八段 王将戦第5局(2018/03/06)

将棋棋譜名局100選

王将戦は今のところ久保王将が3勝1敗でタイトル防衛に王手。今まで4局のうち3局が『相振り飛車』。そろそろ、豊島の居飛車が見てみたい。





序盤、先手の久保王将が四間飛車、後手の豊島八段は、『早石田』の構えを見せてからの居飛車。

双方、居玉のまま戦いが始まり、先に久保王将が飛車を成る。豊島八段は相手の攻撃を受けながら、『金無双』の陣を構築。

その後は豊島八段が先手先手で攻め続ける展開。96手目、△2四金打で先手投了。評価値グラフは・・・

52手目あたりの叩きの歩あたりから、後手の攻めが止まらず、同時に後手優勢になっていったようだ。

人気記事

コメントを残す